金沢の有名観光スポット「兼六園」について

金沢の有名観光スポット「兼六園」について 観光で有名な金沢の中でも特に外せない観光スポットである兼六園は、市の中心部に位置しており、金沢城に隣接する日本庭園です。
国の特別名勝にも指定されているほか、岡山市の後楽園、水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の一つにも数えられているなど、日本を代表する庭園といえるでしょう。
その歴史は江戸時代に当たる1676年に加賀藩5代藩主の前田綱紀が金沢城内に建てた別荘周辺に庭園をつくったことにはじまりますが、建設がはじまった江戸時代を代表する庭園形式である池泉回遊式が採用されている点が特徴で、日本文化独特の庭園美を現代に伝える貴重なスポットとなっています。
兼六園最大の魅力はすべての季節において四季折々の美しく豊かな風景を楽しめる点にありますが、特に春と冬の季節には約11.7ヘクタールという広大な庭園に圧巻の景色が広がります。
春には、約40種類400本を超える桜が見事に咲き誇るほか、黄桜をはじめとして全国的にも珍しい品種の桜も堪能することできます。
冬には、風物詩となっている見事な雪吊りの景色を楽しむことができ、夜にはライトアップが行われるため、暗闇に雪吊りのシルエットが美しく浮かびあがる幻想的な風景も満喫できます。

金沢の観光スポットに行きたいなら近江町市場

金沢の観光スポットに行きたいなら近江町市場 近江町市場は美味しい物が色々売っている場所なので、金沢の観光スポットに行きたい人にピッタリです。
鮮魚や青果など様々な品を見ることが可能なため、金沢のグルメに興味がある人は満足できるでしょう。
飲食店もあるので、食事がしたいときにも役立つ場所です。
カフェもあるため、観光で疲れたときに休む事もできます。
寿司や刺身を提供するお店もたくさんあり、金沢の海鮮を楽しみたいときにピッタリな場所です。
回転寿司のお店も営業しているので、気軽に魚介類を堪能できるようになっています。
カレーやラーメンを提供してるところもあり、魚介類が苦手な人も食事をする事が可能です。
様々なジャンルのお店が軒を連ねているので、好みに合った食事ができます。
駐車場があるため、車で行きたいという人も安心です。
駐車場はいくつか用意されているので、たくさん利用者がいても停める事ができるという魅力があります。
車いすの貸し出しを行っているため、体が不自由な人が利用しやすい点も特徴的です。
購入した物を配送してもらう事ができるので、遠方から旅行に来ている人も気軽に買い物を楽しめます。
試食をやっているお店もあるため、味を確認してから買いたい人にもおすすめです。

金沢で買いたい観光のお土産で家族向けの商品

日本全国で著名な観光地がありますが、そのなかでも北陸の金沢は幅広い年代に人気のスポットです。北陸新幹線が開通したことで、現在ではご家族で足を運ばれる方も少なくないほど。
そこでここでは、これから金沢観光をする方に向けた、お勧めのファミリー向けのお土産について解説をします。ファミリーの場合、自宅でゆっくりと味わえるお菓子がおすすめ。
例えばこの一帯の名物である和菓子は、普段味わうことがないお子様にとっても興味深いものとなるでしょう。または海産物などのセットも良いものです。
買い求める際は香林坊にある近江市場にすることもポイント。ここでは市内全域で販売をされているお土産がすべてそろっており、いろんな製品と比較をして買うことができます。
観光のときは必ず、帰宅をする最終日にまとめて手に入れるようにすることです。観光のときに荷物がたくさんあると、ゆっくりと見てまわることができないので、避けるようにするのが無難です。

金沢の観光をするなら着物で街歩きしてみよう

旅行で金沢に行ったら、古くからある街並みの見学を楽しみたいと考えている人は多いのではないでしょうか。そのような場合、着物レンタルを利用して和装で風情ある街を歩いて散策してみるのも良いかもしれません。
和の趣が感じられる衣装を着て、日本らしい情緒あふれる建造物が立ち並ぶ街をそぞろ歩くとまるでタイムスリップしたような気分を味わえるかもしれません。こういった衣装のレンタルサービスは、金沢の人気観光名所の近くにあります。
貸し出されている着物に着替えたら、すぐ観光名所に出かけることができるのが魅力です。自分で着られないという人でも、このような観光地のレンタルならば着付けやヘアセットなども付属していることが多いので安心です。
素敵な和服や浴衣を着て、フォトジェニックな茶屋町などの、歴史あるこの地の名所を訪れたら素敵な記念写真を撮影することもできるでしょう。女性に人気のサービスですが、男性も利用することができます。

金沢旅行におすすめの伝統文化に触れられる観光名所

金沢旅行に出かけたときには、この土地ならではの観光名所を訪れたいものでしょう。古くから城下町として発展した歴史のあるこの地域は、伝統文化を実感できる名所がいくつもあります。
経てばひがし茶屋街は、重要伝統的建造物群保存地区に指定されているエリアです。かつての茶屋街だったところで、今でもその風情を感じることができます。それから金沢といえば兼六園も人気の観光名所の1つに数えられます。
日本三名園の1つでもあり、特別名勝として国の指定も受けているところです。特に冬には、樹木の枝を守るための雪吊りが施された樹木がある風景が見られることで知られています。雪が積もった時期には北陸らしい冬景色を見ることができます。
昼間の様子も良いですが、夜間にはライトアップされ日中は夜間とは異なる趣きになるのも魅力です。また観光客に人気の伝統文化の体験ができるところもこの地にはあります。例えば水引細工や金箔張りなどの体験ができるのでおすすめです。

金沢の観光をするなら新たな名所の鼓門も外せない

様々な魅力的な観光名所がたくさんある石川県に出かけるときには、新しく誕生したことで注目を集めたところも訪れたいと考える人は多いのではないでしょうか。
そういった場合に選択肢の1つになるところには、鼓門が挙げられます。金沢駅の兼六園口にあるので公共交通機関を利用してこの駅に到着するのなら、観光のついでに見ておくことをお勧めします。鼓をイメージして作られているこの門は、フォトスポットとしても人気があるところです。
ねじったような形の、高さ13.7メートルの太い柱が特徴的でその上には大きな屋根が取り付けられています。時間帯によってはライトアップされていますので、日没後に駅を訪れてみるのもおすすめです。
また鼓門とともにもてなしドームと呼ばれるガラス張りの屋根が印象的なドームもあります。こちらも独特のユニークな景観で、見どころの1つとなっています。これらの名所ができたことから、金沢駅は世界で最も美しい駅にも選出されました。

金沢の人気観光名所「金沢城」の見どころとは

金沢城に行ってみたいけれど、何が見どころとなっているのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。この一帯は現代では公園として整備されています。
金沢観光に訪れたときに見ておきたい点としては、様々な時代の石垣が挙げられます。このお城には築かれた時代が異なる石垣がいくつもあるのが特徴です。
それらは積み方などから知ることができます。長い歴史を感じられるポイントなので、金沢城に出かけた折には石垣に注目をしてみるのがおすすめです。また復元された五十間長屋も見どころの1つといえます。
石垣の上に長屋づくりの櫓があるのが特徴で、防備と敵の状態を探るためだけでなく敵武器などを保管しておくための場所でも使われていた場所です。
見学も可能で、内部に入ると木組みの工法が見られます。さらに城の正門にあたる河北門も復元されていますので、訪れた際には見ておきたいところです。
それから城やその隣の兼六園は、時期によってライトアップされていることもあり観光におすすめです。

近代美術鑑賞も実現!金沢の新しい観光スポット

北陸というと、石川県金沢市が一大観光地という顔を持っている土地です。江戸時代は加賀百万石という城下町が広がっていた場所で、江戸以上に繁栄を極めていたとも言われていました。
そして現代でも城下町の名残りを目にできる場所が多く、一度は訪れたいという方も大勢いるわけです。これから旅行で行くけど、今ホットな観光スポットがないかとお探しではありませんか。そんなときは近代美術鑑賞をするのも悪くはありません。
簡単に概要をご紹介すると、2001年に完成した21世紀美術館がそれにあたります。国内の近代作家のみの作品を展示しており、体験型というスタイルになっているのが魅力ポイントです。金沢城と兼六園にほど近く、大勢の人が足を運ばれるようになりました。
定期的に展示物を入れ替えており、何度でも楽しめる工夫をされているのも魅力といえるものです。美術鑑賞に興味がある方なら、何時間でも滞在していていと思える場所になっています。

金沢の近江町市場で食べ歩き観光に挑戦しよう

昨今は北陸地方が観光地として高い人気を集めており、全国からたくさんの方々が足を運ばれるようになりました。日本海側に面した土地であるため、新鮮な魚介類をたくさん味わえるのも魅力といえるでしょう。
そこでここでは、金沢の一大観光地である近江町市場で食べ歩きに挑戦をするコツをご紹介します。まず近江町市場の概要をご紹介すると、全長5キロメートルもある大きな商店街で、たくさんのお店が軒を連ねているスポットです。
回転ずしの発祥地としても知られており、約100件ほどの寿司店も点在をしています。おすすめは10月から解禁となるズワイガニであり、大勢の方がこのカニを目的にして近江町市場でお買い物をされているほどです。
和菓子店も多く、おすすめのお菓子は丁稚羊羹という和菓子になります。観光スポットでもあるため名所めぐりもできますが、お腹を満たしながらそれらを見て回れるというのも、金沢ならではの楽しみといえる点です。

金沢観光でおすすめしたいスイーツを紹介!

日本は非常に多くの魅力的で有名な観光スポットが沢山存在していますが、金沢には数々の美術館があったり伝統工芸が多く生み出されている芸術面に特化した場所でもあるため、芸術や日本の文化についてもっと触れたいと希望しているなら一度は訪れた方が良いベストな県としておすすめすることができます。
また、見て楽しむ場所だけではなく、金沢には美味しくて評判の良いスイーツが多くあるところも魅力になります。
特に観光する際に必ず買って欲しいスイーツに関しては、夏の暑い時期でも直ぐに溶けないことで有名な金座和アイスです。おもちのような独特の食感をしていて見た目も和の雰囲気を感じられる珍しいアイスになっているので、興味を持たれた方はぜひ買ってみてください。
そして、ぜんざいはあんみつ、かき氷を頂きたいなら茶房の素心に行きましょう。フワフワとした食感の良いかき氷を注文できることはもちろん、大きな栗が乗った美味しいなんみつも頂けるところが魅力です。

古都である金沢観光を楽しむなら着物レンタルが良い

日本には小京都と呼ばれる土地が各地に点在をしており、古き良き日本の風景を今でも目にすることが可能です。北陸地方には特にその土地が多く、石川県金沢市が代表的なスポットといえるでしょう。
いまから観光で訪れたいと思われている方も大勢いるでしょうが、より楽しい思い出深い旅行にするにはどうしたらいいのかと悩みます。簡単におすすめのイベントをご紹介すると、着物レンタルサービスを活用することを提案します。
いまでは各地の観光地で着物を貸し出している専門店が登場をしており、自由に身につけたいものを選択して貸し出しをされているわけです。
金沢だと武家屋敷や東茶屋一帯に着物レンタル店があるので、現地に到着をしたら先に足を運ぶことをお勧めします。
この施設の良い点は着付けからヘアメイクもサービスで提供をしており、手荷物の預かりにも応じている点です。あとは市内観光を憧れに和装でおこなって、良い思い出作りをすることができます。

人気の観光地である金沢を短時間で満喫するコツ

2010年頃から、北陸地方が観光地として注目を集めるようになりました。映画やドラマの撮影場所に起用をされたことが要因となっており、いまでは年間で500万人以上が訪れるようになったわけです、なかでも中心都市として機能をしている金沢に至っては、東京から北陸新幹線を活用すれば約2時間で迎えるため、日帰り旅行を楽しまれる方もいるわけです。
いまから観光で行くけど、短時間で満喫するにはどうしたらいいのかと悩まれていませんか。簡単に短時間観光のモデルコースをご紹介しましょう。
まず金沢で外せないスポットは、近江町市場です。天下の台所という別称も持っているのがポイントで、日本海側で水揚げをされている新鮮な魚介類を買い求めることができます。
昼食をここで済ませたあとは、徒歩10分の位置にある21世紀美術館に向かうようにします。ここでは近代作家の有名な作品を展示しており、実際に触れてその良さを目に出来るのがポイントです。

金沢に関するお役立ちリンク

金箔 食用